ケース研修(詳細)プログラム

<IT経営プロセスを一気通貫で演習!>

ケース研修は、「IT経営認識」に始まり、「経営戦略」、「業務改革」、「IT戦略」、「IT利活用」にわたるIT経営の推進活動を、モデル企業の事例を題材に「グループ討議」「ロールプレイ」を通じて模擬体験をしていただくものです。有用な方法論、ツール類(バランスド・スコアカード、経営成熟度モデルなど)をリファレンスとして活用して課題に取り組むことにより、問題解決能力を体系的に習得できる、他に類を見ない研修です。

 

ケース研修を受講することによって、ITコーディネータ実務を体系的に学習できるだけでなく、以下のような集合研修ならではの効果も期待できます。

1.

 

 

 バックグラウンドの異なる受講者同士の交流によって新たな気づきと人的ネットワークが形成できます。

2.

 

 

 

グループ討議により会議をとりまとめるファシリテーション能力が、またプレゼンテーションを想定した発表と質疑応答によりコミュニケーション能力がアップします。

3.

 

コンサル実務経験豊富なインストラクタの指導が受講者の問題解決力を高めます。

<具体的なケース研修の流れ>

<集合研修のカリキュラム>

  午前(9:30~12:00) 午後Ⅰ(13:00~15:30) 午後Ⅱ(15:30~17:30)
第1日目 IT経営プロセス全体概説 変革認識プロセス課題 変革認識プロセス課題
第2日目 経営戦略プロセス課題 経営戦略プロセス課題 経営戦略プロセス課題
第3日目 経営戦略プロセス課題 経営戦略プロセス課題 経営戦略プロセス課題
第4日目 業務改革プロセス概説 IT戦略プロセス課題 IT戦略プロセス課題
第5日目 IT戦略プロセス課題 IT利活用プロセス課題 IT利活用プロセス課題
第6日目 IT利活用プロセス課題 持続的成長認識プロセス課題 変革マネジメントプロセス課題

経済産業省推進資格

 ITコーディネータの価値がわかるリーフレットをダウンロードできます。

ケース研修パンフレット_完成版_170705.pdf
PDFファイル 1.3 MB